土曜日の市場 (Mercado da reforma)



 毎週土曜日の朝はラゴスで市場が開かれます。

普段は仕事で行けないのですが、店を閉めているこの時期を利用していざ市場へ。

そもそもは、すでにリタイアした人たちが少しでも収入の足しになるようにと自分たちの畑で採れた野菜や果物を売れるようにしたのが始まりだそう。


アルガルブらしく、ポルトガル人はもとよりイギリス人、フランス人、ドイツ人、オランダ人、スペイン人と色々な人種が入り混じってます。


ウサギも売っている。


ニワトリとその卵。12個で2ユーロ10セント(およそ310円くらいか)

さつまいもは今が時期。日本のさつまいもに負けずおいしい。


最近はここでも柿を見るようになった。そのまま日本語で“KAKI”と書いてあることも。
ちなみにポルトガル語で柿は"Dióspiro"(ディシュピル)





















友人のフランス人が売っている自宅の畑で栽培した野菜や花。
今日は忙しくないので旦那は休み。





でも残念なことにこの様な市場らしい市場が存在するのはこの辺りではラゴスだけ。貴重な存在です。


 













コメント

人気の投稿