Parador Jarandilla de la vera


前回に引き続いて、今度はフランスからポルトガルへ帰る時に泊まったパラドールを紹介します。

Placencia(プラセンシア)からマドリッドの方へ40分程、車で行ったところ。

スペインは道路網がものすごく発達していて、今時エコの観点からはどうなの?という意見もあるかもしれないけれど、とにかく都市から都市への車での移動は便利。
ヨーロッパ共同体からの援助金をフルに活用して東西南北至る所に高速道路を建設中。
しかも一部区間を除き利用完全無料(日本では考えられん)。

そしてこれらの道路網は当然マドリッド、ブルゴス、セビリア、サラマンカなどの都市を基本的に迂回するように作られているので、高速道路を走っている限り地域によっては田園風景の中を永遠と走っているだけ。
スペイン人達はどこに住んでんの?と思わされるんだけど、今回のパラドールも車で行くとそんな感じ。

Salamanca(サラマンカ)からSevilla(セビリア)方面へ車で向かうとMérida(メリダ)までほとんど山間の道。

途中見える街Béjar(ベハール)


途中のPlacenciaという出口を出ると丘一つ越えていきなりPlacenciaの街が目の前に現れます。いきなりの都市の出現に戸惑いながら、更に車をマドリッド方向に進めると目的地のパラドール、Jarandilla de la vera(ハランディリャ・デ・ラ・ベラ)に到着します。


15世紀、カルロス5世の城塞。








入口もパラドールらしい重厚な造り
入口から中の風景。立派な中庭。
写真を撮っている場所から右がレセプション、左がエレベーター
Loggia(ロジア)と呼ばれるバルコニー

そのロジアから中庭を見下ろす。
泉の存在がアレハンブラ宮殿を思わせます。

レストラン横のテラス。夏はここで食事が出来るのだろうなと想像します。


城塞本来の入口。今はホテルの庭に繋がる入口に使われています。

今回は一泊だけだったのでホテルに泊まっただけで終わってしまったけれど、山間の町でハイキングやマウンテンバイクで散策するには絶好の場所だと思います。

そして例にもれず食事もおいしかったですよ。



日本のこんなサイトを見つけました。
  ↓       ↓       ↓
http://www.ibero-japan.co.jp/app/parador/top/

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

コメント

人気の投稿