Parque nacional da Peneda-Gerês


Gerêsに着いた翌日。 本当はここから遠くないBraga(ブガ:ポルトガル第3の街)かGuimarães(ギマラエンシュ:ポルトガル王国発祥の地と言われる)に行こうと思っていたのだけれど、ここのあまりの森深さに魅せられホテルのレセプションでの案内もあって結局Gerês散策をすることに。

BragaもGumarãesもまた次の機会。



ほぼ一日中、霞の中



きっと以前に山火事があったのだろう、ところどころ黒くなってました。
この山一つ越えるともうスペイン。


この辺り一帯を車で走っているとまるで日本の箱根にいるような感覚に陥ります。
そのくらい雰囲気がそっくりだったのと同時にちょっと驚きました。
日本に行かなくても日本が味わえる?!

今年がたまたま暖冬なのか、まだまだ紅葉が散らずに見られました。


こんな光景にも出会えます。
もっと寒いと思っていたけれど歩いていると程よく体が暖かくなるほどのちょうどいい気温でした。



とある展望台から。高所恐怖症の身にとってはかなりきつかった…









これらの写真でどこまで様子が伝わるだろうか。
霧と相まってとても静謐な雰囲気に。

もっと性能のいい一眼カメラをいつか買いたいものです。

それにしても森っていいね。


最後に滝を見学。

アラドの滝(カシュタ・ドゥ・アドゥ)





夏の間、この辺りがどのような様子になるのか知らないけれど、とにかくそこらじゅうに水がふんだんに流れていました。しかも驚くほど透き通っている。

でもふと、日本のどこかでここにとても似たところに行ったことがある。
少し考えて、「あ、何年か前に行った屋久島にそっくり!」

まさか、北ポルトガルで日本に遭遇できるとは思っていませんでした。


初めはブラガやギマラエンシュに行けなくてちょっと残念なんて思っていたけど、もうそんなことはどこ吹く風、大満足です^^


ラストショットはポルトガルのアマルフィー


町の名前は分かりません。横を通った時にきれいだったので咄嗟に車を止めて写真を撮りました。

今まで北はCoimbra(クインブラ)までしか行ったことがなかったけれどいい発見ができました。

時に日常を抜け出して旅をすることは大事ですね。

唯一、ちょっと残念だったのはポサダの食事がいまいちだったこと(別にまずかったわけではないけれどもうちょっと頑張ってほしかった…)。


ここから北からポルトガルを抜けてスペインに向かいました。


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

クロワッサンのコツ

アルガルブの高速道路A22

Praia da Marinha