意外に近くに日本はあった!


僕が今住んでいる町から最西端の町、Sagres(グレシュ)に着く一歩手前にVila do Bispo (ヴィラ・ドゥ・ビシュプ)という町があります。

この町、はっきり言って何もありません(笑)。町の外に出ればいかにもサーファー受けしそうなビーチが存在するけれど、町そのものは至って何の変哲もない町で観光として見るものはまずありません。

が、この町で思いもがけない発見をしました。

発端は2年前、自分たちがやっているお菓子屋にポルトガル人(男性)と日本人(女性)の夫婦がやって来たことから始まりました。


たまたま日本人の名前がついたお菓子屋を見つけたから寄ってみた、ということだったのだけれどこのポルトガル人の旦那がVila do Bispo出身で、日本人の彼女の方が、

「この町は種子島と姉妹都市なのよ、知ってる」

僕、「へっ?!」

「町の中心にちゃんと種子島広場があるのよ」

僕、「本当ですか?!?!」


早速行って確認してきました。

今まで何度も前を素通りしていた広場の名前がなんと本当にPraça de TANEGASHIMA(種子島広場)





すぐに種子島のホームページも確認しました。
   ↓          ↓          ↓
http://www.city.nishinoomote.lg.jp/outline/shimaitoshi.html



どうしてこんなに驚くかというと、何度も言うように本当に何もない町なんです、ここ。

むしろ最果てらしくどちらかというと閑散とした雰囲気さえ漂わせているこの町の中にまさか日本が存在するとは思ってもいませんでした。


ただ、一体どんな文化交流があるんだろう。
とても謎です。











コメント

人気の投稿