素晴らしい!リスボンの日本大使館。


今年末でパスポートが切れる。

それに合わせて日本に一時帰国し、そこでパスポートの更新をしようか、と思っていたのだけれど念のため、ポルトガルで更新するとしたらどういう手順を踏むのだろう、と思ってポルトガルの日本大使館のホームページで確認してみると…


 ********************************


期限が切れる一年前から更新申請可能、そして、

必要書類、
-現在有効なパスポート
-写真一枚
-申請書(当館にて記入)
-住民票が必要な場合があります

以上を揃えてリスボンの大使館で申請し3日後に発行される、ということ。

 ********************************


きっと書類が日本に送られて、そこで新しいパスポートが発行されて、それがポルトガルに送られて…だからきっと1~2ヶ月かかるんだろうな、と勝手にそう想像していた僕はまず3日で発行されるということに驚き。


それならここで更新してしまった方が早いか。

気になるのは“場合によっては必要”という住民票。



どうしても必要なのかどうか確認するために大使館・領事部へ電話。

僕:「住民票はどういう時に必要なのでしょうか?」

領事部:「有効なパスポートをお持ちで記載事項に変更がなければ必要ありません。」

僕:「一切、変更はありません。」

領:「それでしたら住民票は必要ありませんのでパスポート、写真をお持ちください。」


そして…


僕:「実はアルガルブに住んでいて月曜日しかまとまった時間が取れないので、月曜日に申請してその翌週の月曜日に受け取りに行けばよろしいでしょうか?」

と、そこで思ってもいなかった天の声が領事部から!

領:「遠方から来られる方に限っては、もし午前中早めの時間にお越しいただければその日の内に発行いたします。」

僕:「本当ですか?!?!」

領:「ご来館される日が決まりましたら一度お電話をいただけますか?」

僕:「ハイ!分かりました、分かりました。」


    *******************************************


ということで先日の月曜日、アルガルブから車をかっ飛ばしてリスボンまで行ってきました。

今まで何度も前を通っていたのに全くその存在に気付かなかった日本大使館。

10時45分頃に申請を済ませ、午後4時頃に出来るとのこと。

その間、2年ぶりのリスボン散策と目をつけていた美術館を一つ訪れ、4時30分頃に再び大使館へ。

そこで無事、新しいパスポートが手渡されました。



電話での対応も窓口での対応もとても丁寧で好感が持てるものでした。

東京のポルトガル大使館では嫌な思い出しかない僕にとっては「東京のポルトガル大使館の人たち、教育して」と頼みたいくらいでした。


実質5時間でパスポート発行。

その迅速さと対応の良さ。リスボンの日本大使館に感謝!!!







にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村

コメント

人気の投稿