悪天候…


この一週間、ここでは珍しくずっと優れない天気が続いております。
そもそも11月は雨が降ってもおかしくない月で、日本の梅雨のように降る時には降らないと後々水不足になってしまうので本来は喜ぶべきものかもしれないけれど、こうずっと雨が降ったり止んだりが続くのは珍しい。

こうなると海を観光スポットにしているこの辺りではやることが無くなってしまうのでは?
ここにこのアルガルブの大きな問題があるような気がしてしまう。


アルガルブは海だけではない

アルガルブは確かにリスボンやポルトと比べて歴史的、文化的見どころはあまりない。
しかし、恵まれた天候から一年中アウトドアスポーツが楽しめる。
海ばかり宣伝するからアルガルブは海水浴に行くところ、と言うイメージがポルトガル人の間にも広がっていると思うけれどアルガルブは実は内陸も結構自然がきれいなのです。

アルガルブ人は冬になると寒い寒いなんて言っているけど、イギリスや北欧から来る人たちから見たらここの冬なんて春のようなもの。
ウォーキングはもちろん、トレッキング、乗馬、マウンテンバイク、ツーリング、オールシーズン楽しめる。

サーファーは海が多少冷たくてもウェットスーツを着てオールシーズン、サーフィンを楽しんでいる。

アルガルブは確かに一般にイメージされるポルトガルらしくはないけれどそういう面はリスボンやポルトに任せてアルガルブはもっと海だけではないアウトドアライフを売りにしてもいいと思う。

そうすれば冬にももう少し人が増えるでしょ。

犬にとっては雨も関係なし。



コメント

人気の投稿