Faro


ロンドンから帰ってきました。

今回、初めてファロ空港からLCC(格安航空会社)のEasyJetを使いました。

初めてのLCC、、どんなものだろうと思ったけれど、予約からチェックインまですべてネット上で完了。ロンドンまで3時間もかからない飛行時間だから有料の機内サービスを使う必要もなし。12時間フライトに慣れた身にとっては本を一冊読む暇も無し。遅延もなし。
全然OKでした。

EasyJetだらけ。

3時間弱のフライトで田舎のアルガルブから都会のロンドンへ、また3時間弱のフライトで都会から田舎へ。こんなに簡単に移動出来るんですね。
何だか世界がまた一つ近くなったような気がします。


飛行機から、ならではの風景ですね。

Faro上空

Faro空港到着。意外にちゃんとした空港でした。

Faroから今住んでいるLagosまでは前から一度利用してみたかった地元の電車を使って帰ってきました。

イメージ通り。動いている電車の目の前を普通に旅行者は横切っていました。

抜けるような青空をバックに。

ロンドン10日間の滞在中は幸い、雨が降ることも雪が降ることも無くイギリス人から「あなた達はラッキーよ」と言われたけれど、寒いロンドンからもうほとんど春の陽気のファロに着くと、何故こんなにもたくさんのイギリス人がここに住んでいるのかも頷けます。

ただ、Faro駅のカフェのおじちゃんは愛想なかった。間違いなくAlgarveに帰ってきたことを再確認。



車窓から。至る所オレンジとレモン。

Algarveのお約束、ゴルフ場。

Algarveは大方のイギリス人にとってゴルフ天国。
ざっと調べても40近いゴルフコースがあります。アルガルブの端から端までだいたい120Kmとして単純計算で3kmに一つはゴルフコースがあることに。




Lagos到着。
単線なので途中駅で時々反対の電車を待ちながら1時間30分の旅。

今度は是非、電車でリスボンまで行ってみようと思います。






にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ

にほんブログ村

コメント

  1. こんばんは。あ~入れ替わりだったのですね!easy jetは機内持ち込み荷物の重量制限のないところが味噌ですね。スーツケース預けるならBAのほうが安い便も多いですね。預けないならノルウェイの何とかってLCCが一番安い事が多いですね。オフシーズンの便数は少ないですが。LGW⇔FAROでの話ですけどねm(__)m
    LGWだとヴィクトリア駅からローカル快速に乗ればあっという間に空港つきますしわざわざガトウィックエキスプレスも使わなくてもいいし、時間に余裕があればOyster CardでEastCroydonで一旦おりて(Oyster Card使えるのはそこまで)その先の切符を別買いしたほうがお安いですね。(^^ゞ
    ディレイは結構あるのでないと嬉しいですね。
    FARO空港数年前に嵐の突風で屋根が吹き飛んだことありましたね。建て直ししたばかりでもったいなかったです。FARO駅構内の表示看板新しくしたんですね。きれい。Portimaoとは大違い!1日5本(だったかな)の電車の時間に合わせられてよかったですね。
    今日のLondonは1日曇りの雨模様でした。暖かなアルガルブとはやはり違って寒いですね〜日本も同じくらい寒そうです。できるものならずっと避寒していたいですね。中流イギリス人にとって南Portugalは地中海沿岸よりははるかに物件価格など含め割安に過ごせる暖かい土地なので日照時間が短い冬は特にイギリス脱出組が増えるのでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      結構LCCのディレイは普通なのかな?行きも初め20分ディレイと出ていたけれど結局提示に飛びました。

      寒ければ寒いでいいんですけどね。寒いロンドンから晴れた春の陽気を思わせるアルガルブに着いた時、ここに来るイギリス人達の気持ちを理解しました。
      7月、8月になると逆にここは暑すぎるといってイギリスへ避暑に行く人たちもいるので彼らにとっては今はもうほとんど夏同然なのかもしれないですね。

      削除

コメントを投稿

人気の投稿